瞳をぱっちり見せる施術

女の人

人気の高い目元の施術とは

日本人の多くは元々一重まぶたの方が多く、目元がぱっちりと魅力的に見える二重まぶたに憧れている方は多いです。二重化粧品などを使用せずに、常にくっきりとしたまぶたのラインを手に入れたいと考えているなら、美容整形外科で受けられる二重整形の施術が効果的だといわれています。現在美容整形外科で行われている施術には、埋没法と切開法の二種類が主に行われています。埋没法はまぶたの皮下に体内に吸収されないタイプの医療用の糸でまぶたを固定することで、自然で美しいラインを形成することが出来ます。切開を行う必要がなくダウンタイムの症状がないので、費用を安く抑えることができるプチ整形として人気が高いです。切開法は希望するまぶたのラインを決めてから、ラインに沿って皮膚を切開して余分な脂肪や皮膚を除去してラインを形成します。手術で直接切開を行う必要があるため、施術後はダウンタイムとして腫れや内出血が起こりますが、一度きちんと施術を行うことで永久的な仕上がりにすることが可能です。埋没法は元の状態に戻ってしまう場合がありますが、切開法なら費用は高くなりますが、永久的に綺麗なラインを維持できる事から利用する方は増えています。

現在美容整形外科で行われている二重治療は、埋没法と切開法の二種類があり、どちらかを選ぶことによって費用や施術後のダウンタイムの症状なども大きく異なってきます。そのため施術を受ける上で注意しておきたいことが、どちらが自分のまぶたに適している方法なのか、カウンセリングを通じて医師と相談をすることが大切です。切開する必要がない埋没法は、費用も安く短時間で自然な二重が形成できるメリットがありますが、まぶたに余分な脂肪が付いてしまっている厚めのまぶたの場合、埋没法では糸が外れて元の状態に戻ってしまう可能性があります。厚めのまぶたは切開をして余分な脂肪や皮膚を取り除く切開法の方が確実に美しい二重のラインを形成することができるため、まぶたの状態に合わせて適切な治療を受けるようにしましょう。切開法は永久的に美しい二重ラインを作ることができる美容整形方法ですが、切開法の注意点として挙げられるのが施術後のダウンタイムの長さです。腫れは個人差がありますが、平均で約1〜2週間は腫れや痛み、内出血が目立つ可能性があります。