費用のことも意識する

カウンセリング

口コミなどを参考にする

二重整形はメイク感覚で行えるぐらいに進化しています。二重形成時に使用する麻酔は様々な工夫がされていて、痛みがない施術が可能となっています。二重形成の方法として糸を使用する埋没法があり、この際にまぶたに麻酔をします。埋没法ではまぶたの裏側から糸を入れて、結び目を作ります。まぶたの内側に結び目を作ると、表面から気づかれることはないです。埋没法はプチ整形とも呼ばれていて、糸を外すと元に戻れます。埋没法による二重形成はまぶたに余分な脂肪がない人に向いています。余分や脂肪やたるみがある人はメスを使用する切開法を選ぶ場合が多いです。埋没法の人気の理由として費用が切開法をよりも安いことがあります。埋没法は5万円以下ぐらいの費用で行うのも可能で、施術時間も10分程度で済みます。施術時間は短いですが、ラインを決める時は時間をかける必要もあります。二重のラインを決める時はカウンセリンが大切になります。カウンセリングでは、コンピューターシミュレーションを活用します。

二重形成にかかる費用はどのような目元にするかで異なります。切開法は埋没法よりも費用がかかりますが、涙袋形成も可能です。切開法で二重にする時は上まぶたのたるみを取ったりします。下まぶたのたるみを取る場合もあり、切開法で二重にする時はたるみを取る場合も多いです。二重形成の費用を考える時は支払い方法を知るのも大切です。切開法で二重形成をすると数十万円の費用がかかり、一括での支払いが厳しいこともあります。こうした時は分割払いや医療ローンを活用すると良いです。どのような支払い方法が可能かは美容整形外科ごとに異なりますので、施術前に支払い方法の確認をする必要があります。美容整形外科の評判を知る際には、待合室の雰囲気などを知るのも大切です。プライバシーの配慮に力を入れている美容整形外科は待合室でも他の患者さんに合わずに済みますし、料金を支払う時も合わずに済みます。様々な評判を知ると、自分が美容整形外科に求めている条件を知ることもできます。事前に美容整形外科の評判を知るのは大切です。