二つの選択肢

女性

メスを使った手術と糸を使った埋没法

欧米人や芸能人のような目力のある二重まぶたに憧れ、整形を検討している方は少なくありませんが、整形の方法は主に二つの選択肢があります。一つはメスを使い切ったり、脂肪を取り除くなどの手術による所謂、THE整形的な方法です。もう一つは、メスを使わず特殊な糸を使い癖付けをする事で、二重まぶたを形成する、埋没法と言うプチ整形です。最近特に注目されているのが後者の埋没法で、短時間で済みリーズナブルな費用で受けられるという点が支持されています。どちらも保健外治療となり、メスを使った手術の場合の費用の相場は20〜30万円程度、埋没法の場合は3〜10万円程度と言うデータがあります。望んでいる効果や予算によって手術か埋没法か選択する事になりますが、事前のカウンセリングをしっかり受け、納得の出来る選択肢を選ぶ事が重要です。費用の精算は術後即日精算が基本ですので、必要なお金を準備しておかなければいけませんが、クレジットカード払いやローンでの支払いも可能なケースが一般的です。

メスを使った手術とメスを使わない埋没法による施術は費用や施術内容に違いがあるように、得られる整形効果にも相応の違いがあります。メスを使った手術によって得られる効果は、まず第一に恒久的な二重まぶたが得られる事が挙げられます。もう一つは、脂肪を取り除く事で自然で安定した二重のラインが形成できると言う点が挙げられます。メスを使った手術にかかる時間は約1時間程度で、術後にはメイクや洗顔などが制限される期間があります。埋没法によって得られる効果は、出血も伴わず10分ほどの簡単に出来る施術で、二重まぶたが形成できると言う点が挙げられます。埋没法によるプチ整形は糸による癖付けで二重を形成する為、期間の経過や擦ったりする事で癖付けが取れやすいと言う特性もあります。しかしこれは手術の場合と違い、気に入らなかった場合にはやり直しも簡単に出来ると言うメリットでもあります。埋没法は手術への不安要素を考えるとリーズナブルな費用に見合った整形法と言って良いでしょう。